トンイ

トンイ主題歌挿入歌は?歌詞和訳付きで意味も解説!

トンイ 主題歌 挿入歌 歌詞 和訳 意味 エンディング チャンナラ
banbang13
Pocket

韓国ドラマの主題歌挿入歌は、ドラマ毎にオリジナルで作成されることがほとんどで、ドラマの世界観を作り出す大変重要な要素の一つです。

最高視聴率30%超えの人気韓国時代劇「トンイ」では、ストーリーの面白さだけではなく、その主題歌やエンディングソングもとても人気があります。

挿入歌の一つを、人気女優のチャンナラさんが唄ったことでも話題となりました。

物語を一層引き立ててくれる主題歌や挿入歌ですが、歌詞に込められた意味もご存知ですか?

日本でもサウンドドラックCDが発売されていることもあり、すでに和訳を知っている方も多いかもしれませんね。

今回は、改めてトンイの主題歌やエンディングソングなど、歌詞の和訳付きで意味解説を含めてご紹介してまいります。

チャンナラさんが唄うあの名曲も、別途紹介していきますよ!

 

トンイの主題歌挿入歌はどんな曲?

日本でもファンが多い韓国ドラマ『トンイ』。

その主題歌や挿入歌は、トンイの波乱万丈の人生を描くストーリーに、更なる奥行きと感情を与える大切な役割を果たしました。

数々の名シーンと共に思い出される、主題歌や挿入歌を早速見ていきましょう!

主題歌や挿入歌を聴くと、そのシーンが蘇ってくるよねー

 

トンイの主題歌・挿入歌を紹介!

それでは韓国ドラマ『トンイ』で使用された挿入歌を一覧でご紹介します。

  • Overture
  • 靑雲祭
  • 天崖至目睋 (★歌唱曲)
  • 戀戀
  • Red Wind
  • Dusky Eyes
  • 愛別離 (★歌唱曲)
  • Longing
  • 風のあと
  • 花酔い
  • 愛月波 (★歌唱曲)
  • 念海
  • 断崖
  • 花聯堂
  • イェオラジ
  • 明賢
  • The Returns of Destiny
  • 芙蓉花 (★歌唱曲)

出典元:トンイオリジナルサウンドトラック(発売元:ポニーキャニオン)

ドラマ放送は2010年でしたが、日本でサウンドトラックCDが発売されたのは2013年のことでした。

つまり、ドラマが終了して3年後に挿入歌がCD化されたということです。

それだけ、トンイの根強い人気と、視聴者の皆さんの挿入歌への関心の高さが伺えますね!

ドラマ終了して3年後のCD化ってすごくない?それだけ人気があるってことー!!

 

涙を誘うあのエンディング曲とは?


トンイのエンディング曲に使用されたのは4曲です。

  • 芙蓉花
  • 愛別離
  • 愛月浪
  • 天崖至目我(チョネジア)

エンディングに一番多く使用されたのが「芙蓉花」。

子供たちの元気な合唱の声が印象的な曲です。

物語の終盤では「愛別離」が使用されました。

実はこの曲、「芙蓉花」と歌詞が同じなんです!!

曲調とテンポを変え、オペラ調に唄うことで、まったく雰囲気の違う曲に仕上がっています。

この「芙蓉花」と「愛別離」がまさしく“トンイの曲”として認識されている方が多いのではないでしょうか。

そして、トンイと王様の恋路に焦点が当たる時は「天崖至目睋(チョネジア)」。

この曲を聴くと、二人の強い絆が思い出され、思わず涙がこみ上げそうになりますね。

 

【トンイ】歌詞和訳付きで意味も解説!

続いて、主要3曲に焦点を当て、歌詞を和訳付きで解説していきたいと思います。

歌詞の意味を理解することで、これらの曲がどれだけ「トンイ」の世界観を表現しているか、お判りいただけけることでしょう!

 

チャンナラが唄う「チョネジア」

저 하늘 위 눈물로 그린 바람의 속삭임
あの空の上 涙で描いた風のささやき

고운 그 빛 따라가 그 속에 잠든다
奇麗な光に惹かれ その光の中で眠る

그리움 다 가진 그곳은 아련한 기억 속 그 곳은
恋しさを全て持つそこには おぼろげな記憶の中のそこには

들꽃처럼 사라져 버리는 하늘 꽃 그리움들
野の花の様に消えてしまう 空の花の様な恋しさ

노을아 노을아 하늘을 내려라
夕映えよ 夕映えよ 空を覆って

꿈길 가득 부르는 소리
全ての夢を呼ぶ声の様に

노을아 노을아 별빛도 울려 날아라
夕映えよ 夕映えよ 星の光も響き渡れ

그리움 닿는다 꿈길을 걷는다
思いは届く 夢路を歩く

出典元:https://ameblo.jp/honntounitaisetunamono/entry-12006334557.html

人気女優のチャンナラさんの可愛らしい声で、可憐に切なく歌い上げるこの曲は、ドラマ挿入歌の中でも人気が高いです。

ドラマのラストシーンでも使用され、トンイと王様がお互いを思いやる強い絆を強く印象付けてくれました。

トンイと王様の恋は決して当たり前ではありませんでした。

けれど、二人の思い・絆は強く、きっと最後は結ばれる、そんな切なくも力強いメッセージとも受け取れますね。

綺麗な曲だと思ってたけど、意味が分かると、もっと感動しちゃう

 

物語の盛り上がりを彩る「愛別離」

물 따라 길 따라서 나서면
水に沿って道に沿って出向けば

꿈 따라 따라 따라 나서면
夢を追って追って追って出向けば

구름을 벗 삼아 바람을 벗 삼아
雲を友として風を友として

가슴을 달랜다
心を癒す

두 발로 걷고 또 걸어가면
2本足で歩いてさらに歩いて行けば

못 닿을 곳 없다
辿り着けない場所はない

가슴 속 헛된 꿈 다 버린다
心の奥の空しい夢全て捨てる

알알이 부서져라
粉々に砕けてしまえ

사랑 사랑 그 시절이 오면
愛 愛 その時節が来れば

그 꽃을 띄우리라
その花を浮かばせよ

出典元:https://ameblo.jp/medaka-1035/entry-11233410217.html

この曲を歌ったのは、イム・ヒョンジュさんという男性のテナー歌手です。

綺麗な高音に、思わず女性の声かと思いがちですが、男性らしい奥行きのある中低音がよく響くお声で多くの視聴者の心を打ちました。

タイトルの「愛別離」とは、仏教用語で、“愛する者、特に親子や兄弟、夫婦の別れ”を意味します。

トンイは生涯で父と兄との別れから始まり、数多くの別れを経験しました。

この曲は、そんな別れの多い人生の中でも、尊い出会いも確かにあり、力強く前を向いて歩いて行こうとするトンイの決意を表現しているのかもしれませんね。

 

子供たちの元気な声が印象的「芙蓉花」

先に述べたように、この「芙蓉花」は「愛別離」と歌詞が同じで、テンポや曲調を変えて歌われています。

アレンジが違うとここまで別の曲に聞こえるものかと、驚きました。

「芙蓉花」とはハイビスカスに似た花で、1輪は大きめの花でよく目立ち、朝に開花し夕方には萎んでしまう1日花です。

昔から「美しい人」の例えにも用いられてきました。

困難に見舞われでも諦めず、満を持して側室となり、民にも愛されたトンイの美しい姿を彷彿とさせるのではないでしょうか。

同じ歌詞の「愛別離」では“別れ”について歌っていたならば、この「芙蓉花」では子供たちの元気な声が未来への希望のようなものを感じさせてくれますね。

子供たちの元気な声は、前向きな気持ちになるねー

 

まとめ

今回は、トンイの主題歌や挿入歌を、歌詞の和訳や意味と一緒にご紹介しました。

チャンナラさんが唄う「チョネジア」、子供たちが元気いっぱいに唄った「芙蓉花」などは、毎回のエンディングを飾り、今でも人気のある名曲ばかりです。

主題歌や挿入歌の歌詞の和訳や意味を理解しながら、トンイの世界により一層入り込んでいただければと思います!

チャンナラさんの透き通る声と共に、ドラマエンディングのあの名シーンも、是非お楽しみくださいね!!

ABOUT ME
記事URLをコピーしました