ペーパーハウスコリア2ロケ地場所まとめ!撮影秘話やツアー巡りおすすめスポットも紹介!

ペーパーハウスコリア2 ロケ地 場所 まとめ 撮影秘話 ツアー 巡り おすすめ スポット
kpop
Pocket

待望の「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」(7話~12話)が、いよいよ2022年12月9日からNetflixで独占配信されます。

「ペーパー・ハウス・コリア:パート1」(1話~6話)の続編を待ち望んでいた方も多いのではでいでしょうか。

ドラマの舞台南北共同経済区域の造幣局

架空の設定となっていますが、果たして実在するのか?しないのか?

気になりませんか。

そこで今回は「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地場所や撮影秘話をまとめてみました。

ロケ地場所巡りにおすすめのツアースポットなども調査しました。

では、ロケ地場所から撮影秘話、ロケ地巡りにおすすめのツアースポットの順番でご紹介していきまね。

※本記事はストーリーに関する内容が含まれます。ご注意ください※

架空の設定だと、ロケ地場所はスタジオじゃないのかなぁ?

 

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地場所を一覧でご紹介!

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地を一覧でご紹介します。

ロケ地一覧

全州韓屋村

国立光州博物館境内

Netflixコンテンツスタジオ

京畿道坡州市と延川郡

益山刑務所セット場

架空の設定だったので、てっきりスタジオ内での撮影かと思ったけど、いろんな場所でロケが行われたんだね!

銃撃戦や肉弾戦も多く、派手なアクションもてんこ盛りの「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」は、「パート1」に引き続き、市街地でも行われたようですね。

その中でも、おすすめの撮影シーンとロケ地場所をご紹介します!

 

第7話:強盗団が立てこもりしたシーンの造幣局

ドラマの主舞台となるは南北共同経済区域の造幣局です。

仮想の区域なので実在しないのでは?

と思ったのですが調べてみると、国立光州博物館境内で撮影されたことが分かりました。

博物館によると、撮影は展示館の正面に「造幣局の入り口セット」を立てて、8回に分けて撮影が行われたそうです。

また博物館の広い庭園や、5階石塔などの数多くの文化財た点在する境内や、博物館外観も使用し撮影されました。

 

店名 国立光州博物館
住所 光州広域市 北区 河西路 110
営業時間 月~金曜10:00~18:00

土・日・祝日10:00~19:00

※夜間延長営業の場合あり

休業日 ・1月1日

・旧正月・秋夕(チュソク)の当日

光州(クァンジュ)博物館は2010年にリニューアルされたんだよ♪趣のある外観は設立された当時のままなんだって!

 

パート2のポスター:バイクが駆け下りるシーンの階段

真っ赤なジャンパースーツを纏い、バイクが今にも飛んできそうな大迫力シーンはとてもインパクトがあります。

よく見ると階段をウイリーしながらバイクで駆け降りていますよね。

このシーンが撮影された場所は、明らかにされていませんが、「全州韓屋村」で行われたと推測します。

街中の銃撃戦の撮影は主に「全州韓屋村」で行われているので、可能性は高いのではと思います。

また撮影にはCGを駆使し臨場感あふれるシーンになっています。

「全州韓屋村」は数多くの韓流ドラマの撮影地でも有名!「王との散策」や「恋慕」、「雲が描いた月明り」の撮影ロケ地でも知られてるよね♪

 

第7話:北朝鮮側の交渉人チャ・ムヒョクが逃げるシーンの市街地

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のオフィシャル映像でいち早く解禁になっていた1人の逃げる男と、追いかける2人のシーン!

いったい誰?そして、この場所は?

とてもインパクトの強いシーンなので、気になっている人も多いとおもいます。

さて、この市街地を逃げる1人の男は北朝鮮側の交渉人チャ・ムヒョク!

キム・ソンオさんは実は「教授か、ベルリン役」を演じたかったんだって!

ドラマの設定が共同経済区域という架空の都市なので、実在しないのですが、撮影は京畿道坡州市で行われたそうです。

京畿道坡州市(キョンギド パジェシ)は、大韓民国の北西部に位置しており、軍事境界線を隔てて北朝鮮と隣接しています。

なんと市域に非武装地帯があるんですって。

日本では馴染みのないちょっと物騒な感じもするなぁ~

京畿道は、首都ソウルに隣接する広域自治区なので、日本で例えると「埼玉・神奈川・群馬・栃木」などに該当するそうですよ。

 

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」ロケ地での撮影秘話はある?

赤いジャンプスーツと仮面はまさに「 ペーパー・ハウス・コリア」の象徴ですよね。

この白いお面は、河回仮面 (ハフェタル)と言って韓国の伝統的なお面だそうです。

お面は表情が変わらないので、無表情にも怒っている様にも見えますし、角度によっては悲しそうにも見えてくるので不思議です。

余談ですが、原作「 ペーパー・ハウス」のスペイン版は芸術家ダリのお面を使用しています。

もし、「 ペーパー・ハウス」が日本版にリメイクされたら、日本伝統の能面「翁」(おぎな)や歌舞伎(かぶき)のようなお面になるのでしょうか。

クスッ♪想像すると、ちょっと面白そうだなぁ♪

「 ペーパー・ハウス・コリア」では冒頭6分間で視聴者の心を掴む仕掛けがあるとか!

 

Googleマップの画像は、旧・京城駅前の高架遊歩道『ソウル路7017』です。

「パート1」の第1話冒頭の6分間は、ソウルに来たばかりの強盗団の一人!

トーキョー(チョン・ジョンソ)が歩いた夜の「ソウル路7017」が話題となりました。

パート2では、どの冒頭シーンが視聴者の心を鷲掴みにするのか、続けてリーサーチしていこうと思います!

 

TFチームの撮影シーン!

北朝鮮人民保安省TFチームの撮影のほとんどは、1つの空間で行われたそうです。

主に、Netflixが建設した巨大なプロダクション施設の中での撮影が多かったようです。

事件解決を図るために集められた南北共同対策チーム、ウジン警部役のキム・ユンジンさんと、交渉人チャ・ムヒョク役のキム・ユンジンさんは、撮影中とても仲がよく、お互い電話したりするほど親しい間柄だったそうですよ。

「楽しく充実した撮影ができました」とインタビューで、キム・ユンジンさんが語っています♪

銃撃戦など緊迫したシーンが多いパート2だけど、撮影現場は和やかな雰囲気だったんだね

 

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地でツアー巡りにおすすめスポットはどこ?

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地のツアー巡りでおすすめするスポットは、ずばり「国立光州博物館」です!

造幣局の舞台背景にもなっていますし、博物館には百済時代の貴重な展示物や、出土品が6万点以上も展示されています。

お隣の美術館では光州ビエンナーレ展示場があり、周辺は光州一のミュージアムエリアとなっています。

私なら、ビエンナーレで美味しいランチを食べて、博物館周辺の広い園内を散歩しながら撮影されたロケスポットを探してみます♪

カフェや食堂も充実しているんだって!赤いジャンパーを着て観光すると目立っちゃうかなぁ♪

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地ツアーはあるの?

現時点で「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のツアー会社を調べても、ロケ地ツアーはありませんが、「パート1、パート2」と続く話題作なので、ロケ地巡りのツアーが観光されるかもしれませんね。

おすすめスポットでは「国立光州博物館」をご紹介しましたが、「全州韓屋村」も外せないロケ地巡りの候補!

韓流ドラマのロケ巡りの聖地ともいうべき「全州韓屋村」では、 『トキメキ☆成均館スキャンダルのロケツアー』が行われています。

全州はビビンパ発祥の地!「ペーパー・ハウス・コリア」のロケツアーもやって欲しいな♪チマチョゴリ着てマッコリも飲んでみたいよ♪

 

「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地まとめ!

さて、今回は「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」のロケ地場所から撮影秘話、ロケ地巡りにおすすめのツアースポットの順番でご紹介してきました。

視聴する前にロケ地場所やロケ地巡りにおすすめのツアースポットの予習をするもヨシ!

撮影秘話でご紹介した「ペーパー・ハウス・コリア:パート2」の『冒頭6分』どんな仕掛けがあるのかも楽しみですね。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました