流れ星

流れ星の視聴率調査!韓国や海外の反応は日本より人気が低い?

流れ星 視聴率 韓国 海外の反応 日本 人気
test-writing
Pocket

韓国のtvNや日本のU-NEXTで2022年4月から『韓国ドラマ「流れ星」』が放送されました。

主演は、芸能事務所「スターフェースエンターテイメント」で広報部長オ・ハンビョル役のイ・ソンギョン。

その事務所に所属する「不動のスター」であるコン・テソン役のキム・ヨンデ。

この二人が織りなす痛快ラブコメディーです。

「イ・ソンギョンちゃんが可愛い!」
「キム・ヨンデはかっこいい!」  

と日本や海外の反応は好評で人気だったようです。

しかし、本場の韓国では視聴率共に低評価との噂が…。

今回は、そんな『韓国ドラマ「流れ星」』の韓国と海外の反応や日本での視聴率の反応について、その人気ぶりを深堀していきます!

 

『韓ドラ「流れ星」』の視聴率調査!

テレビドラマでは、そのドラマの注目度や人気を表すほどの「視聴率」があります。

文字通り、そのドラマを「見聴きされた比率」ということになり出演者のみならず、視聴者までもが気になる数字のようです。

そんな中、『韓国ドラマ「流れ星」』の本場・韓国もさることながら海外、日本での視聴率はどうだったのでしょうか?

さっそく気になる視聴率の行方を見ていきましょう。

 

本場の韓国の視聴率はなぜか低迷?

『韓国ドラマ「流れ星」』の本場である韓国では、なぜか視聴率が低迷しているといいます。

流れ星は全16話までありました。

スターと芸能事務所の広報部長との恋という設定も、韓国ではドラマの流れが分かってしまっている、つまりネタバレ要素が強いらしいのです。

そのため、マンネリした感じが否めず低視聴率だったのではと考えられます。

全16話すべてが視聴率2%を切っているというのも、そのあたりが要因のようですね。

全16話で最高視聴率は2話の1.792%だけでした。

1.8%はソウルでの視聴率です。

【韓国での全16話視聴率(ニールセンコリア)】

1話 1.632%
2話 1.792%
3話 1.497%
4話 1.534%
5話 1.452%
6話 1.415%
7話 1.284%
8話 1.636%
9話 1.462%
10話 1.335%
11話 1.177%
12話 1.163%
13話 1.343%
14話 1.263%
15話 1.296%
16話 1.453%

この視聴率の結果に『韓国ドラマ「流れ星」』で「不動のスター」コン・テソン役を演じた、キム・ヨンデは悔しがっていたといいます。

初の主演ドラマが低視聴率とあれば、自分の演技がどこか悪かったのかと考え込んでしまいますよね。

しかし、「見てくれた人は楽しんでくれた」とそのあたりは嬉しかったようです

そう、ドラマは視聴率だけで評価が決まるわけではないですね。

 

日本や海外では1位を記録!

韓国での控えめな視聴率とは裏腹に、日本や海外では1位を記録している事実があります。

日本ではテレビでの放送はなく、U-NEXTなど動画配信のみでした。

それでも日本のSNSでも『韓国ドラマ「流れ星」』を見て、多くの高評価が寄せられています。

主演のイ・ソンギョンは、1話目からその可愛さとスタイルの良さが際立ってました。

キム・ヨンデもカッコ良くて、1話から悩殺されたファンも多かったでしょう。

ドラマの内容的にもかなり芸能界の裏、芸能人の裏側を垣間見れる作品なのです。

内容的にハマった人が多かったようですね。

ちなみに『韓国ドラマ「流れ星」』は2022年4月~6月までの放送でした。

日本で流れ星が1位になったのは、6月に入ってからです。

終わったときには、多くのファンが余韻に浸っていたようですね。

 

『韓ドラ「流れ星」』の視聴率で韓国や海外の反応は?

韓国での視聴率は非常に低かったのですが、必ずしも韓国での評判が悪いというわけではありません。

韓国の人でも『韓国ドラマ「流れ星」』を見た人の中には「面白かった!」というファンもたくさんいます。

ではここで、韓国や海外の反応を探ってみましょう。

 

韓国での人気ぶりや海外の反応は?

『韓国ドラマ「流れ星」』は韓国と日本、海外を含め全国160ヶ国で放送されました。

動画配信では、以下のそれぞれの国で放送されています。

VIKI:アメリカ・ヨーロッパ・中東・オセアニア・インド地域
tvNチャンネル:シンガポール・フィリピン・マレーシア・インドネシア

中でもアメリカ・ヨーロッパ・オセアニアでは、ランキング1位でした。

キム・ヨンデはタイへ行った際に、『韓国ドラマ「流れ星」』のコン・テソンだと多くのファンに大歓迎を受けたそうで、「海外では人気なんだ」と実感したというエピソードがあります。

そんなことがあってからキム・ヨンデは、視聴率の数値に一喜一憂していないそうです。

海外では特に、「イ・ソンギョンとキム・ヨンデの掛け合いが最高に面白い!」 という人が多いとも云われています。

 

日本での人気ぶりや反応は?

海外のファンに負けず劣らず日本での『韓国ドラマ「流れ星」』の人気ぶりも白熱しています。

ラブコメはコメディーが強すぎると逆に面白みが薄れるし、ラブが強すぎても日本のメロドラマみたいになる恐れがあります。

そういう意味では非常に難しい分野と言えるかも知れません。

『韓国ドラマ「流れ星」』に関しては、ラブの要素とコメディーの要素もうまーく調和しているようですね。

日本ではテレビではなく動画配信での放映だったので、その分視聴率も跳ね上がったと考えられます。

U-NEXTなら31日間は無料なので、その間に『韓国ドラマ「流れ星」』全16話見れます。

韓国ではありきたりな内容はやや受けない傾向にありますが、日本では逆に「ベタな感じがいい」と感じる人も多いようです。

韓国のドラマは全部ではないかも知れませんが、ファンの要望に応えてドラマの成り行きや結果を撮影しながら変更することも多々あるそう。

そのためファンの満足いく結果に、日本のファンは癒されているのでしょう。

 

まとめ

今回は『韓国ドラマ「流れ星」』の視聴率について、本場・韓国の反応・人気ぶりや日本、海外の反応や人気ぶりについてお伝えしてきました。

1話を見ただけでも、『韓国ドラマ「流れ星」』の視聴率よりも韓国や海外の反応、日本のファンの反応の方が大きいし、絶大な人気があるのが分かると思います。

U-NEXTでは、無料で 『韓国ドラマ「流れ星」』が見れますので、是非見てみてくださいね!

ABOUT ME
記事URLをコピーしました