財閥家の末息子1話ネタバレあらすじ!ヒョヌは転生する!

財閥家の末息子 1話 ネタバレ あらすじ ※〇の中は人名×2
kpop
Pocket

韓国で『韓国ドラマ「財閥家の末息子」』第1話が11月18日から配信されているのはご存じですか?

本作は初回放送の最高視聴率を記録し、すでに視聴者から高い評価を得ています。

そんな大ヒット中の『韓国ドラマ「財閥家の末息子」』第1話のあらすじネタバレ、みなさん気になりませんか?

よって今回は、見ようか迷われている方のために、本作の第1話についてご紹介していきます。

あらすじのネタバレを見て、見るべきか判断してみてください♪

ソン・ジュンギの復帰作なのよ♪

 

財閥家の末息子1話のネタバレあらすじ!

財閥の総帥一家のオーナーリスクを管理する秘書のユン・ヒョヌが財閥の末息子チン・ドジュンに生まれ変わり、2回目の人生を生きる

引用元:『https://www.wowkorea.jp/

「財閥家の末息子」はJTBC金土日ドラマで視聴率6.1%を記録し、2022年の「JTBCドラマ初放送最高視聴率」を獲得しているドラマです。

放送後間もなく高い評価を得ている本作の、最高視聴率を獲得した1話の内容…気になりませんか?

「噂は聞いてるけど見ようか迷う」「1話の内容を見て決めたい!」など、そう思う方は少なくないでしょう。

まだ見ていない方のために、1話のあらすじを3つに分けてご紹介していきます!

ぜひ参考にしてくださいね♪

レッツゴー!

 

財閥家の末息子1話ネタバレ①ヒョヌは雑用秘書!

主人公「ユン・ヒョヌ」の肩書きは財閥一家スンヤングループのチーム長ですが、実際は役員たちの個人秘書のようなことをしています。

故障したトイレの修理や抜き打ち監査の対応など、よくいえば秘書、悪くいえば雑用という仕事内容です。

このように、一族から雑用をさせられているヒョヌでした。

彼の忠誠心が見ていて切ない…。

 

財閥家の末息子1話ネタバレ②後継者は長男!

スンヤングループの1番上に君臨する会長が、突然倒れてしまいます。

よって会長の長男である副会長が、臨時でトップになります。

この状況が気に食わない兄弟姉妹と配偶者たちは、なんとか彼を蹴落とそうとするのです。

ここで後継者争いの幕開けです!

会長が倒れてしまってから、家族内で争いが始まるんだよ~

 

財閥家の末息子1話ネタバレ③ヒョヌは転生する!

後継者争いが起こっている時、ヒョヌはマル秘の書類を見つけます。

その書類は、何者かがスンヤングループの資金を横領しているという証拠でした。

それを見たヒョヌは、上司の本部長に報告しますが揉み消されてしまいます。

一時はこの件を忘れようと思いましたが、思い直して自分を信頼してくれる副会長にこのことを伝えます。

誰にも知られずに、会社の資金を回収するように指示されますが、逆にヒョヌは殺されてしまうのです。

副会長をよく思わない者たちに、ヒョヌの行動がバレていました。

1話で主人公が死んでしまったかと思いきや、ヒョヌはスンヤングループの会長の末息子として生き返ります!

続きが気になりすぎるだろ~!

ヒョヌが死んじゃったから焦ったよ…。

 

財閥家の末息子1話の見どころもネタバレ解説!

見どころは確実に、殺されたヒョヌが転生したところです。

主人公が死ぬという驚きがあった反面、きっとこれからヒョヌは殺したやつに復讐するのかな?というワクワク感がたまりませんでした!

財閥一家による後継者争いの欲にまみれたドロドロさも楽しめました。

また、「主人公が生まれ変わる」という続きが気になる終わり方をしたので、続けて見た方は多いはずです!

今後の展開に期待ですね♪

韓国のお金持ちによる後継者争いが見られるよ!

それに加えてファンタジーってこのドラマ斬新すぎないか?

 

財閥家の末息子1話に対するSNS上の反応!

みなさん、1話の終わり方が主人公の転生だったのでこれからの展開に期待されている方が多い印象です。

でもやっぱり1番多い声はソン・ジュンギへの熱いコメントですね!

本当に綺麗な顔立ちで、彼を目当てに視聴した方が非常に多く見受けられました。

ちなみに筆者もその一人です♡

 

財閥家の末息子1話ネタバレ&見どころのまとめ!

『韓国ドラマ「財閥家の末息子」』第1話あらすじのネタバレをご紹介しました。

まだ配信して間もないドラマですが、すでに視聴者やメディアからは高い評価を得ていることがわかりましたね。

本記事の『韓国ドラマ「財閥家の末息子」』のネタバレやあらすじを踏まえて、ぜひ第1話だけでも見てみてください!

きっとソン・ジュンギ見応えのある展開にハマること間違いなしです♪

みんなでソン・ジュンギ様を拝みましょ~♪

ABOUT ME
記事URLをコピーしました